これから家を建てる人、既に建てた人、リフォーム中、リフォーム後の人。
安全で快適な家を建てるために法律プラスアルファでしっかりサポートいたします。
契約書類監査から現場検査まで、一貫してお任せください。

新築検査

これから家を建てる人が該当します。(瑕疵検査の結果に基づく補修工事の検査も同様です。)新築に際しては、契約、設計といった行為を経て建設工事が始まります。弊社ではそれらを一体とした監理体系を組み、新築検査プログラムとしております。

瑕疵検査

既に建っている住宅(既入居、新築建売、中古住宅)が対象です。検査は目視非破壊検査(建物や材質を破壊しない検査)を基本とします。

 

リフォーム検査

これからリフォームする住宅や、既にリフォームした住宅(戸建住宅、マンション)が対象です。検査は目視非破壊検査(建物や材質を破壊しない検査)を基本とします。

施工検査

現在建築中(新築物件)またはリフォーム中の住宅が対象です。検査は目視非破壊検査(建物や材質を破壊しない検査)を基本とします。

紛争支援プログラム

現在紛争中の建物に関する技術的アドバイスまたは裁判鑑定の依頼が対象です。
弊社が技術的アドバイスを行うことで、論理的に問題点を指摘することができ、また業者は嘘が言えなくなりますので、早期解決の一助となります。

 

Posted by kensaadmin